イノヴァーフロアのHDFは広葉樹が原材料です

HDFとは通常高密度繊維のボードを意味していますが、正確には中密度のMDF(JISで密度が0.35~0.80g/cm3)より密度が高く、より硬い素材全般を呼称する用語として使われています。従って、HDFと呼ばれるものもかなり幅広い商品が含まれますので、HDFと言われるだけではばくせんとした性質が分かるだけなのです。

 

イノヴァーフロアは広葉樹から作れれるため、より高密度で硬いHDFと言う事ができます。逆に、針葉樹で作られたものは広葉樹と比べ軽く、柔らかい、つまり強度は広葉樹の方が優れているとも言えます。又、木製品の特性として伸縮することがHDFの泣き所でもありますが、針葉樹製は広葉樹製より伸縮しますので、湿気による突き上げなどの問題は針葉樹製品の方が発生しやすくなります。

 

価格的には針葉樹製の方が安いのですが、イノヴァーフロアは強度と伸縮性を重視して広葉樹を使用しています。イノヴァーフロアのHDFはマレーシアの日本の合弁企業で制作されていますので、F☆☆☆☆も含め品質的に非常に安定した基材を使っていることを誇りにしています。

 

以上、イノヴァーフロアの材質に関するミニミニ知識でした。