日本の家創り

欧米からウサギ小屋と揶揄された日本の住宅ですが、よくよく考えれば単に庶民が貧しかったことと、木や紙、土で家を作る旧くからの日本の建築様式が如何にも貧相な住宅として欧米人に見えたということだけなのかもしれません。経済力が上がればウサギ小屋では満足できず、より快適で見た目の良い住まいを求めるのが人間全般の常ですので、好し悪しの違いが分かる日本人も経済料が上がるにつれ当然住まいへのこだわりを持つようになって来ています。

私の思うところ日本の住宅は実に千差万別とでもいうのでしょうか、言いようが正しいかどうかわかりませんが、雑多なデザインの家が統一性なく並んでいるような気がします。和風の家はめっきり減ってきていますが、木造モルタル、南欧風、北欧風、アメリカン、コンクリ打ちっ放し、シティーモダンの建売など、多様な家が軒を連ねてい姿は、家は街作りの感覚が強い欧米人にはえらく雑然として見えるのかもしれません。

それでも、この何とも言えない混沌とした町並みもある意味日本的言えないこともなく、外国人の目には何があるか分からない面白さがあるのかもしれません。日本人が憧れるパリの町並みやスイスのアルプスを背景にした同じような家々の集合も素敵ですが、訳の解らない日本の都市の景観もユニークさ(個性的)という点で悪くないのかもしれません。